知っておくべきブラックジャックの3つの秘密

ギャンブルと言えば、誰もがブラックジャックの達人。あとは覚えるべき秘密はいくつ残っているのか?ということです。古い貴重なアドバイスに立ち戻っても不都合はありませんが、本当に役立つことは、作り話と事実を分けることです。ここでは、葬りさられた事実をいくつかご紹介します。まったく作り話というわけでなければ、「とても期待」できます。

1. ブラックジャックではハウスエッジが一番低い

カジノが維持することを期待するプレーヤーの賭け率、ハウスエッジは、実際には言われて来たような固定の数字ではありません。この既成事実が少し誤解されることにはいくつかの理由がありますが、最も一般的な2つの理由をご紹介しましょう。 

ほとんどのプレーヤーは大きなミスをします。皆さんは、必要とするすべてのブラックジャックのアドバイスを読むことができます。いつ、どのカードをプレイするのかを示すテーブルを覚えておくことができます。ですが、現実として、ブラックジャックのスキルをマスターするためにはかなりの実践が必要です。アルコールを飲んで終わるような時間をカジノで過ごしても役立ちません。もちろん、誰でもおいしいドリンクを楽しむことはありますが、アルコールはどの人の判断も損ないます。カジノはそれを知っているのです。

ナイーブなプレーヤーは、ゲームの基本ルールを習得しようと奮闘します。さほどゲームをしない経験豊富なプレーヤーは、少し注意散漫になりがちです。理由は何であれ、ゲームに気持ちがなければ、ミスを犯します。政府機関と一緒に提出するカジノ施設の月間報告書は、これを裏付けているようです。一部のカジノは、プレーヤーのブラックジャックベットの15-20%を保持して来ました。1%が想定されているゲームにはかなり良いハウスエッジです!

2. 見込みはカードで変わるだけ

実際には誰もこのことに関して言いませんが、見込みについて語るほとんどのブラックジャックの記事では、このことを暗示しています。言い換えれば、シューターのカードで最後までプレイすると(新しくシャッフルされる前に)、プレイされていないカードも混ざって変わるので、見込みが入れ変わります。

ほとんどのアドバイスの記事が指摘していることは、シャッフルでは早いうちに多くの高バリューのカードが現れ、その後、もう1枚の絵札を獲得するプレーヤーのチャンス(見込み)は、プレイの各ラウンドで減るということです。これはまさにその通りです。ですが、その見込みも参加、退出する人数によっても影響されます。

では、8デッキでプレイしているとしましょう。416枚のカードのうち、絵札と10の値のカードが分配される可能性は128枚あります。あなたとディーラーだけがプレイしているなら、高バリューのカードを手に入れるチャンスはほぼ同じです。ディーラーは自分の手札をプレイする前に、勝つ、バスト、スタンドするためにあなたを待つので、ディーラーの方が若干有利になります。

3. カードのシャッフル方法は関係ない

これは大事なことですが、さほど注目されていないようです。連続シャッフルマシンを使ってテーブルでプレイしたことはありますか?

これは、プレーヤーの計算をすべて無駄にします。CSMはカードカウンティングの防止、抑制のために使用されます。カードカウンティングは、それを適切に使うプレーヤーに証明されたエッジを与えます。だからこそカジノは、ゲームプレイにカードカウンターを許可することを拒みます。CSMはカードカウンティングの長所を完全に失わせるのです。

リスクを最小限に抑える最高のベッティング戦略

リスクが低いベッティングは、ベッターにとても人気です。初心者の人にとっては特にそうです。このタイプの賭けでは、持ち金を動かすリスクを減らすことができます。ですが、獲得の見込みも小さくなります。できるだけリスク少なくスポーツベッティングで勝とうとするなら、1.00~1.50の低いオッズに賭けることが必要となります。起こる確率が最高に高いので、お気に入りのものに賭けるべきです。

次に、このベッティング戦略適用に向けて一般的なコツを見て行きましょう。

1.  絶対であると思う低オッズの予測を選択します。可能であれば、1.50の値を超えないオッズを選択すべきです。オッズが低ければリスクも低くなります。従って、選択したことが起こる可能性は100%に近くなります。

2. 起こり得る結果が2つしかない、スポーツやマーケットでの賭け。これは勝つ見込みを増やします。この意味においては、バスケットボール、野球、テニスはサッカーよりも良いオプションとなります。

3. 低オッズで賭けを組み合わせる。より可能性がある最終的なオッズを獲得するためには、選択した低オッズベットを組み合わせなければなりません。これによって失敗の見込みも高くなりますが、低オッズを使えばこのリスクを補うことができます。

このベッティング戦略を適用して理解できる、期待収益は小さなものでしょう。ですから、長期的に行うことが大事です。この意味においては、多く利益を得たいなら、少しリスクレベルを上げることを受け入れましょう。この場合、下記で紹介する賭け戦略を適用できます。ベットを組み合わせたくないとか、若干高いオッズを探しているなら、役立つでしょう。

この賭け戦略は1.80と同等、または若干低いオッズで定期的に、まとめて賭けることで成り立ちます。1.80のオッズが使用される理由?このオッズには55%の潜在的な可能性があります。つまり、このオッズがあるものに賭ける場合には割合が55%になるということです。これは、長期的に統計に従うと、半分以上の賭けに勝つということを意味します。

加えて、この方法は、賭け金を除いた獲得した金額だけの賭けを意味します。

例を見てみましょう。160ドルの予算があるとします。各ベットで、1週間に2回、20ドル賭けます。合計で1か月に8回賭けることになります。

  • ベット1:20ドル x 1.80 = 36ドル獲得(20ドルを賭け金として残しておきます)
  • ベット2:16ドル x 1.80 = 28.80ドル獲得
  • ベット3:28.80ドル x 1.80 = 51.84ドル獲得

希望する利益に達するまでこのように続けて行きます。ベットで負けた場合には、最初の20ドルを改めて投資し、同じように繰り返して行きます。この戦略の主なメリットは、簡単さとリスクの低さです。低オッズで賭けることで、長期的に連続で負ける可能性は非常に少なくなります。逆に、利益を得るためには、継続して長期的に実行しなければならないことが短所です。