知っておくべきブラックジャックの3つの秘密

ギャンブルと言えば、誰もがブラックジャックの達人。あとは覚えるべき秘密はいくつ残っているのか?ということです。古い貴重なアドバイスに立ち戻っても不都合はありませんが、本当に役立つことは、作り話と事実を分けることです。ここでは、葬りさられた事実をいくつかご紹介します。まったく作り話というわけでなければ、「とても期待」できます。 1. ブラックジャックではハウスエッジが一番低い カジノが維持することを期待するプレーヤーの賭け率、ハウスエッジは、実際には言われて来たような固定の数字ではありません。この既成事実が少し誤解されることにはいくつかの理由がありますが、最も一般的な2つの理由をご紹介しましょう。  ほとんどのプレーヤーは大きなミスをします。皆さんは、必要とするすべてのブラックジャックのアドバイスを読むことができます。いつ、どのカードをプレイするのかを示すテーブルを覚えておくことができます。ですが、現実として、ブラックジャックのスキルをマスターするためにはかなりの実践が必要です。アルコールを飲んで終わるような時間をカジノで過ごしても役立ちません。もちろん、誰でもおいしいドリンクを楽しむことはありますが、アルコールはどの人の判断も損ないます。カジノはそれを知っているのです。 ナイーブなプレーヤーは、ゲームの基本ルールを習得しようと奮闘します。さほどゲームをしない経験豊富なプレーヤーは、少し注意散漫になりがちです。理由は何であれ、ゲームに気持ちがなければ、ミスを犯します。政府機関と一緒に提出するカジノ施設の月間報告書は、これを裏付けているようです。一部のカジノは、プレーヤーのブラックジャックベットの15-20%を保持して来ました。1%が想定されているゲームにはかなり良いハウスエッジです! 2. 見込みはカードで変わるだけ 実際には誰もこのことに関して言いませんが、見込みについて語るほとんどのブラックジャックの記事では、このことを暗示しています。言い換えれば、シューターのカードで最後までプレイすると(新しくシャッフルされる前に)、プレイされていないカードも混ざって変わるので、見込みが入れ変わります。 ほとんどのアドバイスの記事が指摘していることは、シャッフルでは早いうちに多くの高バリューのカードが現れ、その後、もう1枚の絵札を獲得するプレーヤーのチャンス(見込み)は、プレイの各ラウンドで減るということです。これはまさにその通りです。ですが、その見込みも参加、退出する人数によっても影響されます。 では、8デッキでプレイしているとしましょう。416枚のカードのうち、絵札と10の値のカードが分配される可能性は128枚あります。あなたとディーラーだけがプレイしているなら、高バリューのカードを手に入れるチャンスはほぼ同じです。ディーラーは自分の手札をプレイする前に、勝つ、バスト、スタンドするためにあなたを待つので、ディーラーの方が若干有利になります。 3. カードのシャッフル方法は関係ない これは大事なことですが、さほど注目されていないようです。連続シャッフルマシンを使ってテーブルでプレイしたことはありますか? これは、プレーヤーの計算をすべて無駄にします。CSMはカードカウンティングの防止、抑制のために使用されます。カードカウンティングは、それを適切に使うプレーヤーに証明されたエッジを与えます。だからこそカジノは、ゲームプレイにカードカウンターを許可することを拒みます。CSMはカードカウンティングの長所を完全に失わせるのです。